「すじ」って何ですか?

よい整骨院

048-721-7320

〒362-0021 埼玉県上尾市原市3525-1フジハイム101

【月〜金】09:00〜13:00/15:00〜21:00【土曜日】09:00〜13:00/15:00〜19:00
【日曜日】09:00〜13:00(第2・4のみ)【定休日】第1・3・5日曜・祝祭日
*完全予約制毎日20時まで受付中

lv

「すじ」って何ですか?

院長ブログ

2015/03/24 「すじ」って何ですか?

患者さんとの会話の中で,よく聞く言葉に「すじ」とい
うのがあります。
 
1)「先生、この腰の痛みはすじですか?骨ですか?」
2)「このすじに沿って痛みが走るのですが」
3)「背中のすじを違えたみたいです」
4)「足首のすじを伸ばしてしまって」
 
など。
 
ところで、皆さんはどういう意味でこの「すじ」を
使っているのでしょう?
 
1)は、おそらく筋肉のことだと思います。
 
※骨の実質には神経が通っていないので、骨が
痛むと言うことはありえないのですが
 
2)は、坐骨神経痛の方が、膝の外側の長い健
(太もも外側のかたいところなど)を指して言う
ときによく耳にします。
 
3)のすじは、筋肉なのですが、話しているご本人
は違うものを思い描いているようです。
 
※すじ違いというのは、筋肉の一部が過度に緊張し、
縮んだまま戻らなくなった症状を言います。
 
決して、紐状のものが絡んだり元の位置を外れたり
しているわけではありません。
 
話が逸れましたが、4)は明らかに靱帯のことを
さしてのすじでしょう。
 
こんな風に、「すじ」という言葉は、いろいろな意味
に用いられているようです。
 
それが、便利だからということもあるかもしれません。
 
つまり原因がよく分からない時に、「それはすじを痛
めたんだよ」と言われると何となく分かった様な気に
なるからです。
 
われわれ治療家の立場では、患者様から「すじ」と
言われたら、本当の原因をきちんと説明し、どこから
来る痛みかちゃんと教えてあげないといけません。
 
ヤブ
 
もし、症状の説明にこの「すじ」という言葉を頻繁に
使う施術家がいたら、気をつけた方が良いかもしれま
せんね。

TOP